腰痛と姿勢の関係

座ったままの姿勢で長時間仕事をする人へ

読者のみなさんは、座った姿勢がいちばん腰に対してストレスが かかるということをご存じでしょうか。 一見座っているのは楽そうに見えますが、 立って動いているよりずっと負担がかかっているのです。

 

タクシーの運転手など長時間車の運転をしなくてはならない人は、 座っているというストレスのうえに、さらに振動という圧力が椎間板にかかってきます。 ですから、このことを知っていて、 普段からそれを補うようなトレーニングやスポーツをしている人ならともかく、仕事のあとは家の中でごろ寝でテレビを見るだけといった、 仕事と休養だけを繰り返しているような人たちはどんどん筋力も落ちて、ますますストレスに耐えられない腰痛へ向かう状態をつくってしまいます。

 

これで、腰痛にならなかったらおかしいくらいです。 幼稚園児など小さな子供たちは10分も同じ姿勢で座ってはいないでしょう。 あれは、体にかかるストレスに歪みに対して体が反応し、これから逃れるために、自然に体を動かすのです。 ですから座って長時間仕事をする人はときどき仕事の手を休め、姿勢による筋肉へのストレスをとり除く運動をしたり、 仕事をしながらでも姿勢を少しずつ変えるなどの注意が必要です。 腰痛にならないようにする効果的な方法を知りたい人は こちらをご覧ください。



■お客様の声■

中川先生こそ、真の腰痛の名医≠ナある

私は病院で、「変形性股関節症両下肢障害」だと診断されました。「すぐにでも入院して、手術しないと歩けなくなる可能性が高い」と医者から手術を薦められていました。 又、同時にぎっくり腰を患っており、腰痛と股関節痛で夜も眠れぬ日々を送っておりました。 いっそのこと腰から下をすべて切ってもらえたら、どんなに楽になるんだろうとさえ思ったほどです。 「腰痛に効くよ」「あそこはいいらしいよ」 そんな噂を聞きつけては、いろいろ試してみましたが  自分の出来る事はすべてやったのに、何も結果がでない、と精神的に疲れてしまって無気力な時、ダメでもともとだ、という思いで「中川式治療法」を手にしました。 正直申しまして、さほど期待はしてませんでした。 しかし、DVDとマニュアルを見ながら実践しはじめた8日目、なんと普通に歩くことができたのです。 魔法をかけられたようでほんとに有難く、中川先生に出会ってなければ今日もただひたすら、病院めぐりしていたでしょう。 中川先生は日本で唯一の腰痛治療家だと思います。中川先生こそ、真の腰痛の名医≠ナあると私は思っております。 この度は本当にありがとうございました。 (岡山県 秋葉 ちひろさん) >>>>秋葉さんのすすめる先生は こちら